極力刺激を与えないように

3日間は様子を見よう

一般的に歯石を取った後は、2日から3日ほど痛みが起こると言われています。
ですからその期間は、痛くても様子を見てください。
3日が経過すれば次第に痛みが治まり、出血も止まります。
しかし1週間が経過しても症状が変わらない場合や、悪化していると感じた時はすぐ医師に相談しましょう。

すると詳しく口内をチェックしてくれますし、痛み止めや化膿止めなどを処方してもらえます。
あまりにも痛みがひどくなると、日常生活に支障が出るので無理に我慢しないでください。
トラブルが起こった時にすぐ受診できるよう、近くの歯医者を利用すると良いでしょう。
行くまでに時間が掛かる遠い歯医者だと、痛みが長く続いてもなかなか医師に相談できません。

マッサージするように磨く

痛みを感じても、歯磨きを怠らないでください。
歯磨きをしないと、せっかく歯を綺麗にしたのに再び歯石がついて、炎症が悪化してしまいます。
歯磨きをする時は、余計な力を入れないで軽く磨くことがコツです。
さらにマッサージをする意識で、歯に歯ブラシを当てましょう。
普段は毛先が固い歯ブラシを使っている人でも、この時は刺激を最小限に抑えるため、毛先が柔らかい歯ブラシを使ってください。

歯がしみる時は、知覚過敏対策の歯磨き粉を使う方法もあります。
知覚過敏対策の歯磨き粉には、歯の神経に与える刺激を緩和させてくれる効果を持っています。
歯石を除去した後に歯がしみる場合でも、良い効果を発揮してくれるので用意しておきましょう。


この記事をシェアする