歯茎が健康でない場合

汚れがかなり溜まっている

大量に歯石が付着していたり、ずっと放置したりすると歯茎が炎症を起こします。
歯医者で歯石を取った時に炎症している部分を少しでも刺激すると痛みを感じ、出血してしまいます。
また、本来は歯の根元は歯茎によって隠れています。
しかし歯周病を発症して歯茎が下がると、隠れていた部分が露出します。
歯の根元は刺激を受けやすく、歯石を取る時に痛みを感じるという仕組みです。

さらに歯と歯の間にある歯石を取る時に、痛みを感じると覚えておきましょう。
このように、痛みを感じる原因は意外と多いです。
歯周病が原因の場合は、そちらを治療しないといつまで経っても痛みが治りません。
歯茎の腫れが原因の時は、薬を使い炎症が収まると痛みもなくなります。

歯医者に行くしか方法はない

これまでは歯石が歯を守っていたけれど、歯石を除去することで歯が露出し、様々な刺激がしみるというケースが見られます。
これは特に、歯と歯の間に歯石が溜まっている時に起こりやすいと言われています。
しかし歯石が歯を守っている状態でも、歯石が大量にあると虫歯や歯周病の原因になるので除去しなければいけません。

また歯石は、歯ブラシで落とせません。
汚れが固まって歯にこびりついている状態なので、歯医者に行って専用の機器を使って除去してもらいましょう。
無理に歯ブラシで落とそうとすると、磨きすぎて歯や歯茎を傷つける恐れがあります。
そのように普段の歯磨きに問題があることも、歯石を除去した後に痛みを感じたり、出血したりする原因です。


この記事をシェアする