歯石を取った後に痛みが出る理由と対処方法

歯をクリーニングしてもらう

おすすめリンク

渋谷駅付近で通いやす矯正歯科

渋谷駅付近に矯正歯科があるので通いやすくて便利!長期治療が必要になるので駅が近いと通院が楽です。

異常が起こっている時

歯茎に問題が起こっている時に歯石を除去すると、痛みを感じると言われています。
特に多いのは、歯茎が腫れている場合です。
その原因は歯石が溜まっている状態を放置していたことで、歯茎の粘膜が弱くなっています。
すると軽く触っただけでも、出血してしまうでしょう。
また歯茎が下がり、普段は隠れている歯が露出することで刺激を受け、痛みを感じる場合があります。

歯医者で歯石を取った後に痛みを感じても、2日から3日で治まるので大丈夫です。
その間は、刺激がある食べ物を避けてください。
痛みや出血が止まったら、歯茎の炎症が回復に向かっているサインだと判断しましょう。
しかし中には、数日から1週間が経過しても痛みが治まらない人が見られます。
その場合は、医師に早く相談し処置を受けましょう。
家庭で歯磨きをする場合は、優しく磨くことを心がけてください。
毛先が柔らかい歯ブラシを使うのがおすすめです。

歯石が溜まると、どんどん痛みは大きくなってしまいます。
ですから怖がらずに、歯石を完全に除去できるまで歯医者に行ってください。
歯茎が腫れていたり炎症したりしている場合は、医師に無理のない範囲で歯石を除去するように依頼しましょう。
また医師は歯茎の炎症を抑える薬も処方してくれるので、それを服用し、炎症が収まってから本格的なクリーニングに取り組みましょう。
歯石を大量に溜めないよう、こまめに歯医者でクリーニングをするのが痛みを回避するポイントです。